ITのチカラで、デジタルビジネスへの変革を。

【AWS re:Invent 2019】Spotinstブースレポート

#AWS re:Invent 2019 #Spotinst

こんにちは、真木です。

AWS re:Invent ではセッション以外でも様々なベンダがブース出展しております。イメージとしては(広さも出展規模も、ブースのみで!)幕張のInterop のような感じです。各セッションの合間に(またはブース観覧メインでも)65,000人が同時に動く、稀にないイベントです。今回はその中でも、当社も代理店であるSpotinstブースについてレポートします。

Spotinst社とは?

Spotinst社はイスラエルに拠点を置くクラウドベンダーです。2015年設立で、シリーズBまでのファウンディングを終えノリにのった企業です。SaaS型のクラウドマネジメントプラットフォームを提供し、AWS・GCP・Azureなど、クラウド上仮想マシンの低課金オプションの可用性を保ち、費用削減を実現する機能を持ちます。また、Kubernetesなどのコンテナ基盤の運用負荷を削減する機能など、多様化するクラウド上のコンピュートリソースの費用と運用コストを削減する機能を持ちます。Spotinstの詳細はコチラ

AWS re:Inventのブースには、イスラエルの社員が10名以上、米国の社員が20名以上アテンドし、ワールドワイドのお客様に対し、活気あふれた製品/サービス説明をこなしております。

今回、Spotinst社のDavid Gladshtein(Director of Business Development)に、AWS re:Inventのブースにて、日本の皆様へメッセージを頂きましたので以下に記します。またSpotinstの機能でも、ブースで多く説明されていた「Eco」と「Managed Instance」についても簡単に概要を記します。

イスラエルから来た明るく活発なSpotinst社員

上記左:David Gladshtein, Director Of Business Development
上記右:Matan Nataf, Director Of Sales

上記:Zev Schonberg, Product Marketing Manager

David Gladshtein から日本の皆様へのメッセージ

原文

“With Spotinst you will never need to pay On-Demand pricing ever again. Spotinst allows you to run any workload on Spot Instances which are typically 90% less expensive than On-Demand, while maintaining high-availability and simplifying infra management for DevOps. Spotinst also provides you with RI and Savings Plans management tools so all your Reserved-Capacity is fully utilized at all times.

And maybe this for cloud analyzer:

Spotinst Cloud Analyzer is a cloud analysis platform on steroids. It’s similar to other cloud management solutions, only more comprehensive with multi-cloud visibility spending trends across your org, with drill down based on services, tags, etc. You can receive alerts on anomalous (irregular) spending behavior that might indicate unusual or rogue usage. You can see which resources are underutilized for either right-sizing, or selling unused RIs, as well as where On-Demand instances can run instead as Spot (containers, stateless apps) or as RIs (long term stateful or legacy apps).”

参考和訳

Spotinstを使用すると、再びオンデマンド料金を支払う必要がなくなります。Spotinstを使用すると、DevOpsの高可用性を維持し、インフラ管理を簡素化しながら、通常のオンデマンドよりも90%安価なスポットインスタンスで任意のワークロードを実行できます。また、Spotinstはリザーブドインスタンスおよびセービングプラン管理ツールも提供するため、すべての予約容量が常に完全に活用されます。

そして、新機能クラウドアナライザーの場合:

Spotinst Cloud Analyzerは、ステロイドに関するクラウド分析プラットフォームです。他のクラウド管理ソリューションと同様に、組織全体のマルチクラウドの支出を可視化します。そして、サービス、タグなどに基づきドリルダウンできます。異常利用の可能性を持つ支出に関し、アラートを出します。どのリソースが、未使用リザーブドインスタンスの適切な設定または支出に十分に活用されていないかを見ます。そしてオンデマンドインスタンスを、スポットインスタンス(コンテナ、ステートレスアプリ)またはリザーブドインスタンス(長期ステートフルアプリまたはレガシーアプリ)として、代わりに実行できる場所を確認できます。

継続的なクラウド最適化へのジャーニー

Spotinstはクラウドの分析と推奨だけはでなく、エンタープライズレベルのSLA可用性と完全自動化のインフラストラクチャ管理により、Amazon EC2のデプロイを最大90%最適化します。

Spotinstを使用すると、AWSのお客様はステートフルな単一のインスタンスから数千のノードで構成されるクラウドネイティブクラスターまで、あらゆるワークロードを簡単かつ手頃な価格で拡張できます。

Spotinstの機能である「Elastigroup」と「Ocean」の詳細はコチラです。
以下には「ECO」と「Managed Instance」について記しています。

Eco:継続的なリザーブドインスタンス管理

インテリジェントなセービングプランとリザーブドインスタンスのライフサイクル自動化。75%のコスト最適化。

  • ファイナンスとDevOpsのシナジー
    EC2の消費とAIドリブンなキャパシティプランニングを完全に可視化し、ファイナンスとDevOpsのチームは、クラウドコスト管理を容易に連携できます。

  • マネージドRI(リザーブドインスタンス)ライフサイクル
    AWS Marketplaceで完全に自動化されたリザーブドインスタンスの売買において、ワークロードを最適な価格にします。

  • 最適化されたリザーブドインスタンスとセービングプランの使用
    使用率の変化をリアルタイムで監視し、リザーブドインスタンスのポートフォリオを継続的に調整することで、コミットメントの種類と期間を最適にバンドルし、インフラストラクチャへの先行投資のROIを最大化します。

Managed Instance:
ステートフルな単一インスタンスワークロードの最適な価格設定

保証されたデータとIPの永続性。最大90%のコスト最適化。

マネージドインスタンスは、シングルプロキシ、Bastions(踏み台)、Cassandra、ElasticSerch、Kafka、MongoDB、およびビッグデータ、機械学習、一般的な開発およびテスト環境などのワークロードにスポットインスタンスを活用する理想的な方法です。

  • データとIPの永続性
    インスタンスを置き換えた場合にビットを失いません。中断後、アベイラビリティーゾーンで、まったく同じデータポイントから即座に再起動し、ルートおよびデータボリューム、プライベートおよびパブリックIPを維持します。

  • 自動バックアップ
    頻繁なスナップショットを使用し、新しいインスタンスを起動するためのAMIバックアップを作成します。そして、完全にバックアップされたEBSボリュームを代替インスタンスに自動的に再アタッチし、すべての潜在的なエラーの影響を減らします。

  • インスタンスの自動回復
    “スポットインスタンスの終了をAIベースで予測する事”と”最適な代替インスタンスのデータドリブン型の選択”にて(オンデマンドに対するオプションのフォールバックを含み)、ワークロードの可用性を最適化します。

今後の動き

12月半ばにイスラエルからSpotinst社員が来日し、クラウドコスト・コンテナ管理についてセミナーを行います。新機能紹介のほか、AWS re:InventのSpotinstブースでのFace-To-Faceを再現し、お客様に丁寧に説明と質疑応答を行います。また株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング様より、日本国内のSpotinst導入事例を講演頂きます。詳細はコチラから。

Yoshito Maki

この記事を書いた人

Yoshito Maki

マーケティング