ITのチカラで、デジタルビジネスへの変革を。

Windows上にDocker環境を構築する方法

#Docker #Windows

 

挨拶

こんにちは。
日商エレクトロニクスの北川です。
ここ数年でコンテナ技術の需要は加速度的に上がり、
Dockerやk8sが当然のように使われる時代となってきました。

私もクラウドに携わるエンジニアとして、
Dockerやk8sを習得していく必要があると思いました。

今回は、コンテナの入門としてDockerをWindows上で動かせる
Docker for Windowsを使ってLinuxコンテナを立ち上げてみます。

これを使えるようになると、ローカルWindows環境を汚さずに
Pythonなどの開発や実行ができるようになります!

 

今回の目標

やること

Windows環境にDocker for Windowsをインストールし、
コンテナを立ち上げます!

習得できること

Docker for Windowsのインストール~使い方
コンテナの立ち上げ方

 

Docker for Windowsのインストール

Docker hubアカウントの作成

アカウントを作成します。
下記URLに移動し、アカウントを作成します。
https://hub.docker.com/

 

ダウンロード

アカウントが作成できたら ダウンロードページヘ移動します。

ダウンロードページからDocker for Windowsをダウンロードします。

 

インストール

インストーラーを立ち上げます。
設定を聞かれるのでショートカットだけ作成します。
下の選択肢はWindowsのコンテナを立ち上げたい場合に設定します。

インストールが始まり、完了するとlogoutする必要があります。
Windows上で他のアプリケーションを開いている場合はそれを終了させてからクリックしましょう

 

再度ログインするとDocker Desktopが動き出します。
しかし初めてDockerを動かすのであれば、Hyper-Vが動いていないため、
再起動して有効化する必要があります。

OKをクリックすると再起動が始まります。
このとき更新プログラムが走るので、少し待ちます。

再起動後エラーが出た場合

再起動後に下記のようなエラーが出る場合があります。
この場合は手動でBIOSの仮想化機能を有効化する必要があります。

有効化方法はBIOSの種類によって異なるので、
「マザボのメーカ名 Hyper-V 設定」などでググってください。

 

再起動後にエラーが出なかった場合

おめでとうございます。
おそらく問題なくDockerが動かせる状態になっています。

タスクバーからDockerアイコンを選択し、
最初に作ったアカウントでサインインします。

 

コンテナを立ち上げてみる

Docker for Windowsをインストールすることで、
コマンドプロンプトからDockerコマンドを打てるようになりました。
コマンドが実行できるか確認します。

docker --version
docker-compose --version

 

 

コマンドが実行できたら実際にコンテナを立ち上げてみます。

docker run -it python:3 bash

これでpython3の入ったコンテナイメージが立ち上がります。

 

pythonが動くか試してみます。

python
print("Hellow Docker")
exit()

 

 

windows上でlinux及びpythonが動かすことができました!
ではコンテナから出ます

exit

 

 

最後にコンテナとイメージを削除して終わりです

docker ps -a
docker rm コンテナID
docker images
docker rmi イメージID

 

 

まとめ

Docker for Windowsを使うことで
Windows上で気軽にlinuxを利用した開発が出来ます!
Unix上でDocker触っていた方も触ったことのない方もこれを機に
WindowsでDockerを使ってみましょう!

 

 

Yusuke Kitagawa

この記事を書いた人

Yusuke Kitagawa

自動化、クラウド周りのエンジニア。
最近はDeepLearningにも手を出し始めました。
AWS SAA / JDLA G検定