ITのチカラで、デジタルビジネスへの変革を。

Loom Systems Sophieとaws Elasticsearchの連携方法

#Elasticsearch #Loom Systems Sophie

おはようございます。

日商エレクトロニクスの北川です。

本日はAIによるリアルタイム自動ログ解析を行うSophieと
aws Elasticsearchの連携方法をご紹介していきたいと思います。

Elasticsearchの準備

Elasticsearchの準備を行います。

今回はCloudTrailの情報をCloudWatchLogs経由でElasticsearchに送り、
そのデータをSophieで取得していきます。

詳しくは下記の記事を参照ください。

Loom Systems Sophie と連携するためにAWS Elasticserach立てる

Sophieの設定

Sophieはすでに準備されていることを前提とします。

Sophieにログイン

それでは最初にSophieにログインします。

 

取得するデータを選択

前回の記事で用意したElasticsearchの情報を取得していきます。

1. 左のタブからSettingsをクリック
2. Add & Manage Dataをクリック
3. Data Inputsを選択

 

右上の + Plug a new data inputを選択

 

今回はElasticsearchからデータを取得するため、Elasticを選択します

 

下記の画像のように入力していきます。

Name 適当な名前
ServerURL Elasticserachのエンドポイント
Index Prefix cwl-*
Timestamp field format yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss.SSSZZZZZ

 

 

Test & Saveを選択したらTestが自動的に行われ、成功したら設定がされます。

下記のような感じで表示されればOKです!

それでは取得できているか確認するために目のマークをクリックします。

 

下記のようにデータが表示されれば成功です!

表示されるまでに10分程度かかる場合もあるので、表示されなければ待ってから確認してみてください!

 

補足

Loom Systems社は、先月末をもちServiceNOW社に買収されました。

本稿はすでにSophieをお使いのお客様向けに執筆した参考記事となりますこと、ご了承ください。

Yusuke Kitagawa

この記事を書いた人

Yusuke Kitagawa

自動化、クラウド周りのエンジニア。
最近はDeepLearningにも手を出し始めました。
AWS SAA / JDLA G検定