ITのチカラで、デジタルビジネスへの変革を。

[Spotinst] Spotinstの価格の考え方について

#AWS #Elastigroup #Ocean #Spotinst

はじめに

こんにちは。日商エレクトロニクス、Spotinst担当の上條です。
今回はSpotinstの価格体系に注目してご紹介させていただきます。
従来の製品とはまた違ったビジネスモデルとなっております!

Spotinstの料金について

    お客様とSpotinstでご契約いただき、基本コスト※からSpotinstで削減することが出来た額の20%をSpotinst社にお支払いいただく形となります。
    例えば、現在お客様が月額$10,000オンデマンドインスタンスでお使いの場合、Spotinstでスポットインスタンス移行して、月額$2,500の利用料に削減することが出来た場合、削減額は$7,500となり、その20%の$1,500をSpotinst社にお支払いいただくことになります。(詳しくはこちら)

    留意点①:基本コストはAmazon EC2 オンデマンドインスタンスなどの公開コストをもとに算出されます。ですので、既に一部リザーブドインスタンスをお使いのお客様は、単純に現在ご利用中の金額からの差分、という計算ではなくなる旨、ご注意ください。

    留意点②:万が一、Spotinstでコストを削減することが出来なかった場合は請求が発生することはございません。

    支払方法

    現時点では、クレジットカード払いか海外送金のみとなります。
    請求書払いに対するニーズが日本市場では多いことは、弊社も重々承知しているのですが、現状は上記の2通りのみとなります。
    その点に特にハードルがなく、Spotinstを使ってみたい!という方は、まずはフリーミアムでお使い頂ければと存じます。
    ※請求書対応ができるよう弊社も引き続きメーカーに掛け合っております!

    有償化とフリーミアムの違い

    フリーミアムでは、クレジットカード登録なし・無料で20ノードまでご利用いただけます。
    ただ、メトリクスの保持は14日間分のみとなり、サポートは24×7 Emailのみの受付となります。

    有償化すると、インスタンス数は無制限、メトリクスの保持は12か月間となります。
    また、その他多くの豊富な機能をお使い頂けるようになるのも有償化ならではの魅力です。機能の違いについては下記の図をご参照下さい。

    最後に

    いかがでしたか。Spotinstはビジネスモデル上、削減した分からコミットメントを頂く形なので、お客様が追加料金を払う形ではありません。
    ですので、まずはどんなものか、お試しいただければと存じます。

    試してみたい!と思われる方は、下記より弊社にお問い合わせください。

    お問い合わせフォーム

    この記事を書いた人

    優子 上條