ITのチカラで、デジタルビジネスへの変革を。

[Spotinst] スポットインスタンスを活用したステートフルな単一インスタンス ~Managed Instance~

#AWS #Spotinst

はじめに

今回はSpotinstの機能の一つ、Managed Instanceについてご紹介します。
Managed Instanceを使うことで、ステートフルアプリケーションの実装基盤の一つとしてスポットインスタンスを選択肢に含めることができます。

Managed Instanceとは?

    パブリッククラウド上で多数のインスタンスを管理するSpotinst社によると、コンテナ化されたアプリケーションが人気を博してきている一方、クラウド上のワークロードの多くが単一インスタンスのステートフルアプリケーションで構成されていると言います。

    SpotinstのManaged Instance機能はディスクベースでの情報保持、および、IPアドレスやロードバランサとの紐付きを保持する仕組みを単一スポットインスタンスの環境で提供します。これによりインスタンスの再購入時に情報引継を行い、コストメリットのあるスポットインスタンスをステートフルアプリケーションの基盤として活用できます。

    なお、再購入が必要なタイミングで所持するリザーブドインスタンスが余っている場合はそれを用いたり、スポットインスタンスが購入できない場合はオンデマンドインスタンスに自動でフォールバックさせたりすることも可能です。

    ではさっそく、Managed Instanceを作成してみましょう。

    Managed Instanceの作成

    Managed Instanceは既存のオンデマンドインスタンスをインポートすることもできますが、今回はコンソール画面で一から順を追って作成してみたいと思います。

    ①Managed Instance のコンフィグレーション

    コンソール画面左側メニュの「Managed Instance」の「Instances」を選択。最初はインスタンスがないため以下のような表示となるので、画面中央の「Create an Instance」をクリック。

    managed instance create

     

    立ち上げるインスタンスの設定名、インスタンスを起動するリージョンやAZを選択します。次にあるインスタンス設定のプルダウンに選択可能なリソースがセットされます。

    managed instance setting

     

    さらに下に進むと、起動できるインスタンスタイプ/サイズや起動設定(UserDataやシャットダウンスクリプト)、タグの付与などの設定ができます。

    managed instance option

     

    ②リソース保持オプションの選択

    ディスクベースのデータ保持の方法や、ENIによるIPアドレスの引継ぎなどの設定をここで行います。また曜日などを指定した定期的なメンテナンススケジュールの設定もできます。

    managed instance resource

     

    ③設定の確認と作成実行

    ここまでの入力を終えると、設定した内容の確認画面が表示されます。

    ここで「Create」を押下するとManaged Instanceが作成されます。では、押下しましょう。

     

    managed instance confirm

     

    無事、下記のように作成されました!

    managed instance created

    ④余談(エラーログはメール)

    なお、筆者は何度かManaged Instanceの作成に失敗しましたが、Spotinstは処理がコケた場合以下のようなシンプルな画面しか表示されません。

     

    managed instance failure

     

    調べるにも「ログはどこ?」との疑問にぶつかりましたが、アカウント発行時に登録したメール宛にエラーの旨とAWSから返されたエラーメッセージが通知されていたので、それを元に対応することができました。

    ちなみにエラーは、CentOSのパブリックイメージを利用しようとしておりましたが、このアカウント上でそのイメージをサブスクライブし忘れていた、というお恥ずかしながらの凡ミスになります。

     

    managed instance error mail

     

     

    2020/2/13 追記: Failureのダイアログにログのリンクが表示されるケースもあるようです。もし上記のように何もログへのアクセス方法が表示されない場合はメールで受信しているかもしれませんのでご確認いただくと良いと思います。

     

    ぜひ皆さんもManaged Instanceをご活用ください。

    Masaki Ozawa

    この記事を書いた人

    Masaki Ozawa